新型シャープ製「dTab d-41A」良い泥タブ?

新型シャープ製「dTab d-41A」良い泥タブ?

新型「dTab」は果たして、目の付け所がシャープなのか。

「dTab」(ディータブ)。ドコモのプライベートブランド的な位置づけ。2年以上新型が出なかったのでもうやめちゃったのかと思いきや、メーカーを変えてしれっと登場しました、dTab d-41A。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥17,338 (2020/10/23 23:37:15時点 Amazon調べ-詳細)

型番規則が5Gが始まったことにより少し変更され、10の位が通信規格の世代を指すようになったため、従来機が「d-01K」だったのに対し今回は「d-41A」です。アルファベットはリセット。12年前に戻った気分がします。

では本題。このタブレットはよい泥タブなのか。検証していきます。

dTab d-41A。ひさびさの国産泥タブ

まずdTab d-41Aで特筆すべきは、おお、久々にショップで売られる国産のタブレットが来たか、という部分。

国内では、現状ちゃんと泥タブを作っているのが実質NECのみになっており、富士通は新型を出したかと思えばWinタブだったり、ソニーはもはや5年ほど新型を出しておらず、この時期に台湾の資本下とはいえシャープが製造を手掛けたというのは歓迎すべき流れでしょう。

これまでdTabは、長らくファーウェイのタブレットでした。米国の中国に対する姿勢に、日本の半官半民企業であるNTTが空気を読んだのでしょうか。

dTabらしく、フラッグシップではないが充分な性能

dTab d-41Aがシャープだシャープだと言っておりますが、往時のAQUOSPADではありません。14年に出たAQUOSPADはマジで神がかっていたのですが…今回のはいかにも、ドコモのコンテンツを楽しむ用に、無難に安く作った機種という感じがします。

d-41Aの性能は、約10.1インチ WUXGA(1,920×1,200ドット)の大画面液晶ディスプレイを搭載。 大きな文字とアイコンで見やすい「かんたんホーム」や閲覧できるサイトに制限をかけられる「あんしんフィルター for docomo」。
CPUには「Qualcom Snapdragon 665 mobile platform」、 メモリには、 RAM 4GB/ROM 64GBを搭載。 受信時最大400Mbps/送信時最大75Mbpsの高速通信にも対応とのこと。(プレスリリースより引用)

CPUベースではXperiaのミッドレンジであるXperia 10Ⅱと同じパーツを使ってます。

バッテリーは6500mAh。普通だな!

「良い人」どまりのdTab。つまらなさ。

スペックから、非常に無難な作りであることがわかります。プレスや公式サイトを見る限り、「シャープ製!」という要素は見受けられず。

もしかしたらディスプレイにIGZOを採用しているかも…!と思いましたが普通にTFT液晶でした。

上記から、タブレットとしての必要要件は備えつつ、特筆すべきポイントも見当たらない…という無難なタブレットとなっています。

最後の頼みの綱は価格でしょう。ドコモは昨年より「ギガホ・ギガライト」のプランに移行し、新規契約の場合は過去のプランに加入できません。

ギガホギガライトでは、データシェアという名称でタブレットなどの2台目端末を月1000円で使えるようになっております。

こんなに魅力のないタブレットを作ったのだから、それなりに安い価格、例えば2000円台で維持できる価格を打ち出してくるはず。

と、思ってドコモオンラインショップをのぞいたら、税別42480円

dTab、ふつうだな!

ひさびさの国産のセルラータブレットを安く持てる、というところに魅力を感じれば、きっと良い泥タブになるはずです。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥17,338 (2020/10/23 23:37:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥15,800 (2020/10/23 22:57:58時点 Amazon調べ-詳細)

タブレットカテゴリの最新記事