「デジタル」と「旅」を扱う多木曽幹也のブログ

【新生活】ドコモ光の解約はめちゃ難しい! 解約すると固定電話も消える?スマホとネット回線のセット契約をあんまりオススメしない理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。
詳しいプロフィールはこちら

今回のテーマは「本当は怖いドコモ光」です。ドコモ光の罠を幾つか紹介できればと思います。

☆1 割引額の罠

最大3500円割引とは言うけど。

さて、このドコモのサイトにある表を見てみると、一番上の「ウルトラシェアパック100」が割引額3500円でもっともお得なプランに思えます。

しかし、無理してウルトラシェアパック100を契約する必要なんてありません。

実際、ドコモが一番優遇しているのはそういった「お得意様」ではなくて、「もうちょっとお金を払ってほしい人」なのです。

1ギガあたり何百円引きかを算定して、一番お得なプランを考えてみます。

【ドコモ光パック 戸建て向け】

ウルトラシェアパック100 1Gあたり35円
ウルトラシェアパック50 1Gあたり58円
ウルトラシェアパック30 1Gあたり83円

ベーシックシェアパックを30ギガまで使った場合
1Gあたり 60円
ベーシックシェアパックを15ギガまで使った場合
1Gあたり 120円
ベーシックシェアパックを10ギガまで使った場合
1Gあたり 120円
ベーシックシェアパックを5ギガまで使った場合
1Gあたり 160円

ウルトラデータLLパック 1Gあたり53円
ウルトラデータLパック 1Gあたり70円
ベーシックパックを20ギガまで使った場合
1Gあたり 40円
ベーシックパックを5ギガまで使った場合
1Gあたり 160円
ベーシックパックを3ギガまで使った場合
1Gあたり 66円
ベーシックパックを1ギガまで使った場合
1Gあたり 100円

※端数は切り捨て

ここから見えてくるのは、

たっぷり使う人からの割引よりも、そこそこ使う人からの割引が手厚くなっていることがわかります。

また、あまりパケットを使わないユーザーからの割引が手厚くなっているのは、比較的ネット利用の少ないお客さんにドコモ光を勧めやすくなるため…かも、しれません。

☆2 解約の罠

おそらく、これがドコモ光の最大の罠です。孔明の罠です。

まず、この罠の一つ目のポイントとして、携帯を解約(またはMNP)するとドコモ光も解約になる、というものがあります。

なので、「ドコモ光」を契約した状態で、キャリアを乗り換えると、家のインターネットが使えなくなるのです。

そして、それに加えてもっと注意したいのは、固定回線を「ドコモ光」から「フレッツ」や「コミュファ」に移ると、家の電話番号が変わるというポイントです。

家の電話番号が変わるのです。

これは、ドコモ光がいわゆる「移行」に対応していないため。固定電話の番号なぞ、そうそう変わるものではないと思いますので、ご注意を。

下手すりゃ市役所に保険に携帯屋にお子さんの学校の連絡網にとテンヤワンヤです。ご注意ください。

簡単に言ってしまえば、ドコモ光とドコモをセットにしたが最後、どちらかをやめたら、家の電話は使えなくなるのです。

いわゆる「IP電話」、たとえばフレッツの「ひかり電話」なんかを使っている人がいたら、要注意です。

また、それらの理由で、auやソフトバンク、または格安シム(MVMO)への乗り換えも難しくなるので、それも気をつける必要があります。

ここらへんは将来的に改善されるとは思いますが、何にせよ注意です。もしこれを知らないと、
客「解約します」
店「家の電話番号が変わるよ^^」
店「インターネットをもう一回契約しなおしてね^^」

こんな事態になれば、混乱とクレームの嵐になる気がするんですが、現場は果たして大丈夫なのでしょうか。

☆まとめ。ご利用は計画的に。

先行者の「auスマートバリュー」はシェア拡大を狙った安売りであるのに対し、ドコモの場合は売上アップを狙った「NTTがんじがらめ作戦」であることが、お分かりいただけただろうか。

ただでさえ家族みんなで契約してねっシェアパックでお得だよっとか言って囲い込みをキツくしたのに、さらに家の固定回線まで紐付けられちゃ、抜け出すのも難しくなるでしょう。

そんながんじがらめである上に、料金プランは難解。お気をつけて!

というわけで、元ドコモ店員ながら思いっきりドコモ光をディスるというわけわからん結果となりました。

もうすでに500万世帯が使っているようですが、これから光回線を引いていく皆さんは情報収集をしっかりして、セールストークだけで決めない、かしこい消費者であってください。

ちなみに我が家はドコモ光も検討しましたが、「NURO光」にしました。

いろいろ難儀しながら開通しましたが、いざWi-Fi使い放題になると快適です。アパートの大家さんから勧められた回線よりも安くて早いしね。

キャッシュバックも結構もらえてありがたかったです。私はこのキャッシュバックでパソコンを新調しました。どーんと買ってしまったせいでいま家計が苦しいのはここだけの秘密です。

今は自分が契約したときよりも条件は良いです。詳しくは以下から。

この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

Copyright© Deji-tabi【デジ旅!】 , 2019 All Rights Reserved.