【Daydream】危険!LG V30+でVRを楽しむときの注意点3つ

こんにちは!前回のこの記事で、「Daydream」を使ったVRの魅力を紹介した、手のかかるロビンソンだなぁの山内です。

さて、そんなすごいDaydreamのVRですが、褒めちぎるのも気持ち悪いので、この記事を書きました。てやんでい。

DaydreamのVR〜3つの注意点


1)通信量


まず自宅にWi-Fiがない場合は要注意。

 

このVR、思った以上にパケットを消費します

 

たとえばdaydreamアプリが150メガ、ムービーも通常のYouTube動画などよりはるかに大容量になります。

 

モバイル回線での使用ではおすすめしません。

 

というより、怖くてできない。

 


2)本体設定(解像度)


V30+のいいところのひとつに、解像度を変更できる機能があります。

最高解像度(28801440)
高解像度(21601080)

低解像度(1440*720)

から選べるのですが、

 

低解像度でも普段使いに全く困らないため、私はいつも低解像度で使っています。

 

しかしVRは「最高解像度」でのみ動作するので、この設定を変更する必要があるんですね。

 

別にどうということはないのですが、ぶっちゃけめんどい。

 


3)抵抗感(酔)


最大の課題。

 

VRはその名の通りバーチャルリアリティ、仮想現実を楽しむものなのですが…

 

中途半端にリアルなせいで、現実と違う動きをすると気持ち悪さを強く覚えます。

 

止まってるエスカレーターが登りにくいのと同じ理屈でしょうか…

 

で、VR酔いをするんです。

 

映画を鑑賞しているときも画面がブレると気持ち悪いし、ゲームもかなり目への負担を感じます。

 

それで、VRを遊び終えてスコープを外してみると、どっと疲れがやってきます。

 

HTC VIVEのようなハイスペックVRと比較するとやはり、

 

Android単体で動くVRは性能面で劣るのか、こうした抵抗感が強く感じてしまうので、

 

あまり長時間の利用には向きません。

 


まとめ


 

注意点をまとめると以下の通り。

・Wi-Fiにつないで楽しむべし

・解像度の設定をしてからDaydreamを起動すべし

・中学校未満は基本、VRで遊ばない。大人も気分が悪くなったらすぐ遊びを止めるべし。

 

個人的には1時間でも目が潰れる思いをするので、30分ごとの休憩を入れるといいかなと思います。

 

映画が見られるのは一見夢がありますが、疲れてしまって結局「タブレットでいいや」となることも。

 

あとはWi-Fi。これはいろいろな会社が地域ごとにありますが、「Nuro」が使えるエリアであれば、おすすめかと。【超高速】光回線【NURO光】

 

以上、快適なVRライフのために頭にいれておきたいことでした。

 

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版【Amazon.co.jp限定】日本驚嘆百景 聖なる頂き~霊峰富士~ 配信
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2017-10-14)
売り上げランキング: 82
Google Daydream View - VR Headset (Slate)(米国並行輸入品)
Google
売り上げランキング: 64,947

コメント