iPhone

iPhone12 /12 Proで買うべき ケース ・ カバー 厳選まとめ15!頑丈でコスパ◎

発売から1ヶ月経過した最新機「 iPhone12 」と「 iPhone12 Pro 」。
本体を衝撃から保護する、 ケース や カバー も徐々に揃ってきました。しかしこうした ケース や カバー 選びは難しいもの。人気機種の iPhone12 ともなれば、なおさらです。

そこで、本マガジン名物企画。
独自セレクトのおすすめケース・カバーアイテムを一挙15種類紹介します!

・iPhone12 ケース や カバー が多すぎて選べない!
・安くて高品質なケースがほしい!
・傷がつかないようになるべく早く届くのが良い!

といった皆さんの助けになれば幸いです。

▶iPhone12 Proのレビューはコチラ

iPhone12 の カバー ・ ケース ①ジェンダーレス


iPhoneケース、今回は男女で分けます。しかし時代性に配慮して、まずは男女どちらが使っていても違和感のないケースやカバーの紹介です

頑丈「Spigen」クリアケース はじめの相棒はこれ

SpigenはAmazonのスマホケース部門の中でも大手で、商品検索欄に「Spigen」のソートがあるほど。

その中でもクリアケースは、iPhone本体の保護をしつつ、デザインをあまり損なわないという意味で無難なポジションのロングセラー商品になっています。

また若年層を中心に、クリアケース内にチェキを入れるなど、オリジナリティのあるファッションも見受けられます。

そういった意味で、「迷ったらコレ」と言えます。

ガラス張りの美しさを体験できるケース

先述のクリアケースを更にクオリティアップしたのが「ガラスケース」です。

スマホの保護ガラスを裏は側に貼り付けたようなデザインで、強度と高級感をアップさせています。

また通常ケースよりも汚れに強く、透明のTPUケースにありがちな経年劣化による黄ばみも抑えられています。

総じてスタイリッシュですが、男女別け隔てなくおすすめしやすいケースです。

キャッシュレス時代の味方。薄くて可愛くて、カードも入る。

今回の記事を書いていく中で、おおっ、と思ったのがこちらのケース。

ツートンカラーの革製カバーは可愛く、薄く、iPhoneの公式ケースかと思えるほどでした。

革は0.5mmで、イタリア製の長く使うほどに味が出るタイプのフルグレインレザー。

カードは1枚入るので、クレジットカードか免許証をしまっておくことが出来ます。

またレンズやディスプレイより1ミリ高くすることで、それぞれを直接の衝撃から防ぐ役割も果たしています。賢いね!

ちょっと値段は高めですが、2年使い通すつもりで買いたくなったケースです。

とにかく薄い。とにかくシンプル

ムジラーあたりが好みそうなのがこのカバー。ワンカラーで薄さは0.03ミリ、指紋はつきにくく、ザラザラした質感が持ちやすさアップに繋がります。

iPhone12シリーズには特有の滑りやすさがあるので、ケースをつけて分厚くなるのは嫌だけど落とすのも嫌だと言う人は、自然とこのケースが選択肢になるのではないでしょうか。

iPhone12 の カバー ・ ケース②女性向け

女性向け部門。ブランド・可愛さを思いっきり重視しました。

やっぱりiFaceが1番!かわいくて頑丈、持ちやすさも◎

上場企業のハミィが開発したiFace。もはやiPhoneケースの中でもトップクラスの知名度なのではないでしょうか。

特徴はその頑丈さと、まるっこい持ちやすさ、くびれた可愛さ。カラーリングやデザインもユニークで飽きません。

ワイヤレス充電をしたい人もご安心を。対応モデルもあります。最近だと車にQiワイヤレス充電がついていることも多いようなので、対応していると安心ですね。

レビューの中には「自転車から落としても平気」「ボタンの反応が良好でサイズもピッタリ」「高級感あるプリント」など絶賛の嵐です。

スタンド付きクリアケース!インカメ化粧や動画に

ケースに機能を求める方にはスタンド内蔵式もおすすめです。こちらは通常のケースと異なりキックスタンドが内蔵されており、インカメを鏡にシた状態での化粧や、オンラインヨガ、動画視聴などで役に立ちます。縦置き、横置きOK。

通常のスタンド付きと違い、キックスタンドが収納されるタイプなので、机においた際もガタガタしにくいのが良いところです。

大きいiPhone12が持ちやすくなるリング付きカバー

数年前から人気を博しつつある、リング付きケース。

理由はリングによる持ちやすさアップと落下防止です。片手でスマホを使いたいという女性に向いています。

またリングがそのままスタンドになり、動画を見る際に便利です。
デザインはシンプル系で主張が少なく、東急ハンズあたりに置いて有りそうな雰囲気がしますね。

逆に男性は机においた際にグラグラするなど、ゲームや動画で不便さを感じることもあるかもしれません。

売れ筋の手帳型!カード2枚収納

スマホケースのロングセラーと言えば手帳型です。世界で初めて手帳型ケースを発明した人はちゃんと賞とかもらったんでしょうか?

こちらの手帳型ケースはステッチが入り、高級感があるのがお気に入りです。

また、カードが2枚入ります。iPhoneはアップルペイを活用すればスイカ・パスモ・iD・QUICPayが使えるので、キャッシュレスに徹するのであればエディやナナコ、WAON。

あるいは免許証や会社の入館証、自宅のカードキーなどがあれば、これだけ持って出かけることも不可能ではないでしょう。

また手帳型ケースは、断然マグネットで留められるタイプがおすすめです。ぶらぶらしない上に劣化もせず、ちょっと力をいれれば外れるので、着脱の手間も省けます。

トムとジェリー好きならコレ。チェキも入る可愛いデザイン

トムとジェリーの「ジェリー」がプリントされたこちらのケース。実は裏面がクリアになっており、ドアのように開けられるようになっています。

そして空けたところに、メモや写真、チケット、アイドルグッズなどをしまっておくことが出来ます。

ジェリーと収納物が共演することで、レシートや名刺さえもインテリアになってしまいそう。

もちろんトムと共演しているバージョンもあるので、トムジェリファンはぜひいろいろ探してみてください。

ディズニー柄☆ミッキーモデルが可愛い上にカードも入る

iPhoneカバーの中でも、可愛さ重視だと候補に入ってくるのがミッキーを始めとしたディズニーモデルです。

数多くのデザインがありますが、特にお気に入りがこちら。ミッキーがすっごくイキイキしてます。他にアリスやモンスターズ・インク、チップとデールモデルが存在します。

さらにカードを入れるポケットがついており、スッポリと収納できます。またカードを取り出しやすくするための穴も空いており、スイカ・パスモだけでなく、取り出す必要のあるカード類だっていけちゃいます。

ただ免許証を表向きにいれちゃうとディズニーの雰囲気が壊れちゃうかも。自分は裏向きに入れるようにします。

本体カラーに浮かび上がるピカチュウ!ポケモン柄だってかわいい

ポケモンケースからは、ピカチュウとなぜかゲンガーモデル。なんでゲンガー?映画にでも出たのかしら。

素材はごくありふれたTPUケースなのですが、透明なケースにピカチュウの線がプリントされており、本体カラーが透けることでピカチュウが浮き上がります。

またストラップをひっかける穴付き。気が利いてますね!

iPhone12 の カバー ・ ケース③男性向け

ここからは男性向けです。ロマンと機能を重視。

Magsafeも対応、ウルトラハイブリッドケース

ハイブリッドケースの中でもスタイリッシュな雰囲気を持つのがこちら。

側面部分のバンパーを目立たせ、一方で背面は透明にすることで、アクティブなアウトドア用品のような雰囲気があります。

さらにMagSafeにも対応しており、ワイヤレス充電も可能。デザインと機能を両立させています!

くり抜かれたリンゴマークはアップル信者の証

頑丈なハードケースの中には、リンゴマークの部分だけくり抜かれているタイプも存在します。

iPhone12はリンゴマークが本体の中心に移動したため、よりくり抜きタイプのケースもかっこよくなりました。

またコレのおかげで、ワイヤレス充電も行えます。デザインと機能の両立。

ゴツくなるので、女性向きとは言い難いのですが、耐久性とデザイン、機能を考えると、魅力的な1台です。

ゴツくなるので、女性向きとは言い難いのですが、耐久性とデザイン、機能を考えると、魅力的な1台です。

カメラまで保護?スライドドア付きケース

iPhone12 Proはカメラレンズが3つあり、どれか一つでも傷がつくと目立ちます。

一方、ケースがカメラを保護するのは難しく、別途レンズカメラなどを使用する必要がありました。

しかしこのケースであれば、カメラレンズも保護できます。

なんでこれが流行らないんだろう。このケースを発明した匠は、カメラ部分にスライドドアをつけ、カメラを使うタイミングだけスライドさせレンズを出すことで、レンズが傷つくリスクを最小限にしています。

かなりゴツいのですが、リングも収納できるタイプのため、工事現場などの埃っぽい場所や湿っぽい場所に長時間いる人にとっては、レンズ汚れや結露のリスクがなくなるという安心感がありますね。

逆にカメラを頻繁に使う人にとっては、面倒な上にケースの劣化も早いので、あくまでカメラをあまり使わない人向けのケースになってくると思われます。

逆に側面だけ。究極のシンプルカバーは「バンパー」

男は黙って、ではないのですが、側面だけ保護するタイプのバンパーカバーも密かなお気に入りです。

スマホを落とす際は、空気抵抗などの関係で「面」から落ちることは少なく、大抵の場合はスマホの「隅」から落ちていきます。

それがiPhoneの割れやすさに繋がっているのですが、逆手に取って「側面」だけを硬く保護することで、分厚さを抑えることに成功しているのがバンパーカバーなのです。

このバンパーはiPhone12のカラーに合わせてモデル展開しており(2020/11/28時点)、比較的目立ちにくい種類。一度試すには丁度いいと言えます。

拡散/ツイッターフォローもお願いします!!

https://twitter.com/isuta1205
ABOUT ME
デジタビ
ブログ歴10年の副業ライター/「デジ旅!」管理人/Kindle「怒涛!フィリピン滞在記」販売中/建築/ガジェット/鉄道/名古屋出身。 ライター案件の依頼、基本何でも引き受けます。isutabiz@gmail.comまでお気軽にご連絡下さい。

コメント