デジタルテクノロジーと、アナログカルチャー

iPhoneでもOK。寒い冬こそ「お風呂でスマホ」しよう!でもスマホを風呂に入れて大丈夫?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。

こんにちは。
週末は東京でも雪が降りましたね!やっとこさの初雪、といったところかもしれませんが、何はともあれ寒かったですね。

こんな寒い日はお風呂でも浸かってゆったりしたいところですが、お風呂にも問題がありますね。それは、暇、ということです。

銭湯であればいろんなお風呂を行ったり来たりできますし、友人を連れて行っても良いわけですが、自宅のお風呂ではそうはいきません。

お風呂に浸かるのは幸せだけど、ただ浸かってぼーっとしているだけでは時間がもったいない。そう感じる皆さんに、デジタビオリジナル「風呂スマホ」のススメです。

実は、お風呂用スマホがある!

富士通 SIMフリースマートフォン arrows M04(デニムブルー)【日本正規代理店品】 FARM06313

実はお風呂で使えるスマホがあるんです。「お風呂用スマホ」という商品はないのですが…いくつか、お風呂に向いたスマホがあります。

例えば最近のスマホは、ほとんどが防水付きになり、iPhoneも7以降であれば水濡れOKになりました。昔はジップロックに入れて…なんて話もありましたが、今はそんな必要もなく、多少の水場であれば全然動いてくれます。

また富士通の「ARROWS」は、石鹸で洗って水で流してもOK!を売りにする機種もあります。

そしてAQUOS、Xperiaなどは水に濡れてもタッチパネルが反応しにくくならないという機能がこっそり入ってます。もう少し知られるべき。

ざっくりと言ってしまえば、国産機が強い!ということ。もちろん海外機でも防水を謳う機種は多いのですが、お風呂で使うことを考えるとデジタビのお勧めは国産機です。

お風呂スマホにぴったりなのはやはり「動画」

そしてお風呂で何するか、ですが、ここは是非、動画を楽しんでください。

ウェブやSNSもいいのですが、タッチパネルの動作が水場だと緩慢になるため、ミスタッチが多いです。

私は一度、風呂でのタッチパネル暴走のせいか、ツイッターの個人のアカウントでエロ動画をリツイートしてしまい、焦ったことがありました。幸いバレてませんが、皆さんに過ちを犯させないためにあえて公開します。

私の思慮分別を重く受け止めて、風呂でエロ動画を見る際には厳重な注意を払っていただきたいと思います。

動画はもちろんyoutubeが中心にはなってくると思いますが、寒い日の長風呂には映画もいいぞということで私はAmazonプライム・ビデオの映画をお勧めします。マジで名作が揃ってて、こいつらが3900円/年で観られることが未だに感動です。お陰で、友達のいない私はめっきり映画館に行かなくなりました。

これ便利!お風呂用スマホスタンドがある!

お風呂ではスマホを立てかける訳ですが、正直なところそんな場所ねえよとツッコミたくなるわけです。

うちはお風呂のヘリもないし…蛇口に立てかけて床に落としてしまうと、お風呂の床はフローリングや畳に比べてしっかりした材質なのでスマホの破壊力もでかくなるんですよね。

なので落ちないように、しっかり支えてくれるスタンドが必要なのですが…比較的コンパクトでホールド力もあるスタンドがあるので、ここに紹介します。

注意すべきは…2点。

まず、結露!お風呂の中は暖かく、スマホのなかにも水蒸気が入りやすくなります。そしてそれが急速に冷やされることで水滴化します。つまり最悪、防水のスマホでもスピーカーなどの隙間から水が入り込んで、スマホ内で結露ができ故障の原因になります。

ちなみに、実際に結露したスマホがこちらになります。

そして結露で故障とまで行かなくとも、充電口に水が入り込み、充電がしばらくできなくなる可能性があります。この問題は、充電口にフタができるタイプのケースや、「置くだけ充電」に対応した充電台を買うことで回避はできますが、スマホにとってあまり良いことではありません。

なので、お風呂にスマホを持ち込む際、多少の水濡れはOKですが、あまりドボーンとスマホを水浸しにしないように気をつけましょう。
理想はお風呂の半分に蓋をして、タオルを敷き、その上にスマホスタンドとスマホを立ててのんびり浸かる…というスタイルです。

寒い冬はやみつきになるお風呂スマホ。あなたは絶対お風呂タイムが好きになり、そして追い焚き機能のある風呂が付いた家に引っ越したくなることでしょう。

はい、私の事です。

この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。

コメント

Copyright© デジタビ! , 2019 All Rights Reserved.