「デジタル」と「旅」を扱う多木曽幹也のブログ

なぜいま、個人ブログをはじめるべきなのか?→自身の経験や哲学を「アウトプットして」「世の役に立ち」「換金して自身を豊かにできる」から

 
この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。デジタビです。みんなブログやってみん?という内容で書いてみました。ブログやると自分の人生だけじゃなく、周りの人も幸せにできるんです。

みんなブログやってみん?(三河弁)と聞かれたところで、 いや、いまどきブログかよ!ってきっと思われるでしょう。
実際、ブログなんて10年前くらいの文化であって、いまブログやってるのは時代遅れの人か芸能人くらいのものです。

ですが!だからこそブログに専門性が求められますし、ブログならではの楽しさも昔より大きいものになってきました。

例えば、私はもうこんな調子で10年ほど執筆を続けています。
10年続ければある程度暮らせる程度の資産を得るんじゃないかと思われがちですが、何度か「ブログそのものを消される」という憂き目に遭い、未だにPVも収益も初心者レベルです。

では、それでもなぜ懲りずに書き続けるのか。
アウトプットが楽しいからです。

じゃあなぜ、アウトプットが楽しいのか。

儲かるから?
それもあります…。笑

それよりも私は、ブログがSNSよりも検索で出やすいからこその「お役立ち感」が好きなんです。

突き詰めて書けば、「世の中に自分が書いた文章が残れば、それが自分の生きた価値になる」と考えておるからです。

誰かが自分の記事を読んで、じゃあ例えばうちのブログであれば「フィリピンに旅行してみよう」とか、「沖永良部島へ行ってみよう」とか、そうした他人を動かすきっかけとなればこれ以上にない幸せです。

そしてブログという媒体はそんな自分にぴったりで、雑誌などのちゃんとしたメディアよりも自由に書けるし、SNSより個人的に儲けやすいんです。

(これは金額の多さではなく手軽さの話。YouTuberやインスタグラマーで食っている人はいるが画像加工や動画編集の知識とそれを実行する環境が要る。ブログはスマホ1台と低スペPCひとつでなんとかなる。)

だから、私はもっといろんな人がブログを立ち上げて、その人にしか見えない世界をアウトプットして、それに共感した人が実際に行動を起こして、執筆者にはお金を、読者には経験をより伝えていく動きがあって良いのでは、と思います。

例えば…就職や転職の体験をブログに書いてみたらどうでしょう。

就職や転職は人それぞれです。ESの通し方や転職でホワイト企業を見つける方法を知るのなら、アテにならない大学のキャリアセンターや就職エージェントに任せるより、実際に就職・転職をしてうまくいった人の成功体験を聞く方が良い気がしませんか?

あるいは…日常のトラブルをうまくすり抜けた話なんかも誰しもが持っているネタだと思うのです。

例えばうちのブログで一番見られている記事は「電話帳が開かない!?「問題が発生したので、android.process.acoreを終了します」が繰り返す場合の対処法」なのですが、こうしたトラブルもちゃんと記事として残しておけば、後に困った人が現れた時に見つけて読んでくれます。誰かの役に立てるというわけです。

人生十人十色。みなさんオリジナルの経験はきっとそれよりも後の人の役に立ちます。

というわけで、ぜひ。
みなさんの経験をブログにぶつけてほしいのです。

そしてブログと一緒にAmazonのアフィリエイトプログラムを始めると良いですよ。
少なくとも500円儲かればAmazonの買い物代に使えますから。

困っている誰かの役に立つような良質なコンテンツには価値があります。他のユーザーにとって読む価値のある高いクオリティの記事を投稿することができれば、多くの読者を引きつけることに繋がるでしょう。そしてその価値に応じた対価も得られるに違いありません。さあ、今日からブログを始めましょう。
ーAmazonより

ちなみに。私は2018年、ブログから得たお金は総額17316円でした。(少な!)
独学だとこんなもんですが、ブログやっている人のセミナーなんかで学べばもっと増やすこともできるんじゃないかと思います。

来年はこの10倍をいただけるように、再来年は毎月得られるように、通勤の片手間にスマホゲームではなく執筆をしていきたいのです。

そんなわけで、良いお年を!

2勤5休のススメ: その5日は、休むためじゃなく、人生を変えるために。
ファストブック (2016-01-30)
売り上げランキング: 19,212
この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

Copyright© Deji-tabi【デジ旅!】 , 2018 All Rights Reserved.