東京建物散歩[1]内田式ゴシックの威厳。

ゆき~が溶けて川~になって流れていきます、もうすぐ春ですね、

ってことで、新しいこと始めました。多木曽です。

もともと歴史マニア、建築マニアな私。

東京のいろんな建物、巡れるとおもろいねってことで、やってきたのは港区白金台の「ゆかしの杜」とよばれる、郷土歴史館です。

“東京建物散歩[1]内田式ゴシックの威厳。” の続きを読む

さて、問題です。日本一「面白い」路線はどこでしょうか。①歴史に翻弄されまくった「名鉄600V線」の思い出。

こんにちは。デジタビです。

これまで、日本一面白い駅シリーズをダラダラと連載してきましたが、新たな視点として路線ごとで日本一を考えていきたいと思います。

“さて、問題です。日本一「面白い」路線はどこでしょうか。①歴史に翻弄されまくった「名鉄600V線」の思い出。” の続きを読む

余計な紙が減るだけで仕事が3倍早くなる。「ブギーボード」から始めるペーパーレス。

みなさん、紙は大切に使っていますか?私はとても大切に裏紙を使っています。先日うっかり、仕事で取引先と使う契約書の裏にうっかりメモしそうになりました(おい)。

これじゃいかんとAmazonを探したところ、面白いものを見つけました。
電子メモ帳「Boogieboard」を紹介します。

“余計な紙が減るだけで仕事が3倍早くなる。「ブギーボード」から始めるペーパーレス。” の続きを読む

海外から称賛される日本建築。「中銀カプセルタワービル」の4つの特徴まとめ!実は誰でも住めます

みなさんは「中銀カプセルタワービル」をご存知ですか。

ちょっと前のこのブログでも取り上げたことがあるのですが、1972年に完成した「メタボリズム建築」の代表格です。

“海外から称賛される日本建築。「中銀カプセルタワービル」の4つの特徴まとめ!実は誰でも住めます” の続きを読む

高松の旅の拠点。カプセルホテルマニアが香川県の「WeBase高松」に泊まってみた

こんちは。カプセルホテル大好き人間です。
年末年始を高松で過ごしまして、そのときに泊まった宿が印象的だったので記事に残します。

“高松の旅の拠点。カプセルホテルマニアが香川県の「WeBase高松」に泊まってみた” の続きを読む

【名称:メートロ】名古屋市営地下鉄が民営化する可能性は?メリットは?民営化したら何が起こる?大阪の事例を元に考えてみた。

こんにちは。デジタビです。
今日は「名古屋市営地下鉄って民営化するの?」を考えます。久し振りにこのブログらしい記事です。

“【名称:メートロ】名古屋市営地下鉄が民営化する可能性は?メリットは?民営化したら何が起こる?大阪の事例を元に考えてみた。” の続きを読む

「dカーシェア」使ってみた!感想編。カーシェアリングは「電子マネー」化しないか不安だが、とても未来を感じる。

こんにちは。デジタビの山内です。
最近自分が会社で残業しすぎたせいか、新卒全員に8時帰宅命令が出されました。いろいろ自分が会社の足を引っ張っていて少し申し訳ない気分です。

“「dカーシェア」使ってみた!感想編。カーシェアリングは「電子マネー」化しないか不安だが、とても未来を感じる。” の続きを読む

【無印良品】大学生におすすめ、無印良品便利グッズのTOP3。シンプルな生活が生み出す快適さ。

無印良品。数ある雑貨屋の中で、あそこが一番長居できる店だったりします。なによりもシンプルでで品が良く、落ち着きがあります。
そんな無印で、いくつか文具を衝動買いしてきましたので、ここで紹介します。

さて、便利なものはお好きですか。私は好きです。デジタビの山内です。マルイにて、ぼっちで買い物わずです。無印で買った便利グッズたちを3つ、紹介します。

昔持ってたよね!「ダブル定規」

あれです、普段は15センチで、使う時だけ伸ばして30センチにできるやつですよ。あれあれ。
たしか中学二年くらいの時でしょうか、山内少年はコレを甚だしく気に入って愛用していた記憶があります。
惚れ込んだのは、その機能性。普通の15センチの定規と寸法は何らかわらないのに、30センチ分の長さが測れて線が引ける。
しかも、角度を測ったり、一センチごとに点をつけていくことも可能とくれば、一石二鳥なんてもんじゃありません。一石四鳥くらいです。

ただ、中学校以来、なんかやたら壊れやすいため使っていませんでした。真っ二つになったり、真っ二つになったり、真っ二つになったりしました。
ですが、もう山内も大人です。野球部でバットを振り回し、バーベルを担ぎ、美術部のあの子を夜な夜な妄想していたあの頃とは違う、落ち着いた文化人に生まれ変わりました。だからもう大事に使えるはず。有効活用するのです。

ポケットサイズのホチキス

やっぱりレポートを提出するときや、経費を精算して領収書とまとめて提出するときなんかは、左上をホチキスしなきゃいけないわけですが、ここぞ!という時に限って持っていないのがホチキスです。なんせ普通のホチキスは大きいからね、筆箱に放り込んでおくには大きすぎるのでしょう。

しかし、日本の小型化テクノロジーはこんなちっちゃいホチキスを作り上げました!USBメモリくらいのサイズでしょうか。これなら小さい筆箱にも難なく入りそうです。

そういえば、ホチキスって人が作ったからホチキスって名前なんだよね。…どうでもいっか。

針の細い画鋲!

一人暮らし・アパート暮らし必見!

正直、これが一番気に入った文具です。質実剛健というか、シンプルさの奥深くに利便性、こだわりが垣間見られるアイテムです。
気に入ったのは4点。

・シンプルなところ

無駄なものを一切つけない機能的なデザインです。

・壁の穴が目立たないところ

針が細いため、白い壁でも目立ちません。ほとんど跡が残らないほどです。

・刺しやすく抜きやすいところ

これも針の細さの恩恵ですが、壁にぶすっとやるときの力が通常の画鋲に比べ少なく済みます。さらに、形状が壁に向かってすり鉢状態になっているため、引っこ抜くときもしっかり指にフィット。神かよ。

・安全なところ

これは意図したものなのかわかりませんが、本体が壁に向かってすり鉢状という形状のおかげか、横向きにおいた際に針が下を向きます。

針が下を向いているおかげで、うっかり踏んづけてしまったぜ!という時でも、ブスっとなって流血騒動ということはないんじゃないかなと思います。実証する度胸はないけど。

また、これもすり鉢効果なのか、転がった時も、針が外側ではなく内側を回るので、赤ちゃんがうっかりさわって目に刺さるなんてことも減るんじゃないかと思われます。

まとめ。

やっぱり便利グッズというものは、人間の知恵がぎゅっと凝縮されているので、見てて楽しいです。もし面白いなあと思える文房具があったら、ドシドシ教えてください。ハリナックスとか大好物なんですから。

長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し