ブログにおける収入の種類とは【コロナ不況と戦う①半年で月1万円を稼ぐ・ブログ編】

ブログにおける収入の種類とは【コロナ不況と戦う①半年で月1万円を稼ぐ・ブログ編】

さて、月末に向けてあと1万円があればなあと思われる方も多い今日のこの頃、思い切ってお金の話をしてみようと思います。

今後のスケジュール

・1万円の理由と広告の種類【今回】

・広告会社の選び方【次回】

・ブログの立ち上げ方

・テーマ選びとPV

・なぜ1万円に達した?

なぜか。まず曲がりにもブログを書く人間としてある程度(といってもほんとにしょぼい)収益化ができてきたこと。そしてコロナショックをうけてなのか、怪しい副業や情報商材がものごっつ増えていること。

注意喚起も兼ねて書きます。

楽に稼げる仕事なんて存在しません。

LINEの作業だけで月収100万とか無理です。少なくともそれを大々的に広告宣伝している時点でカモにする気しかないから、その人。

まずは手堅く、生活防衛のために…「月1万円稼ぎ」「月1万円節約」しよう。
コロナショックを受けて、デジ旅のしばらくのテーマにしようと思います。
もちろん、ガジェット系の記事も書くけどね。

なぜ1万円なのか

私は他人に副業を勧める時、「まず1万円稼いでみな」と言います。

なぜか。まず、これが10万とか50万とか、高い金額を出すと、圧倒的悪徳業者っぽさが出てしまうため。。。。

というか、月間2ケタ万円以上は今の私には不可能です。今年中にはなんとかなるかもしれませんが、当面は無理でしょう。

しかし1万円であれば、個人かつ独学でも、何かしらの形で達成可能な金額だと思っています。

だから、1万円を稼ごう。

しばらくは「ブログ」を使った1万円の稼ぎ方を書いていきます。
第一回は、広告の種類。まじで入門編です。

基本

「ブログで稼ぐ」というと、怪しい情報商材系、変な勧誘、やたら高圧的な年収ウン千万の成功者が度々出てまいります。

トップの人は自分の書けそうな、かつ他人のまだ参入していないキーワードや商材を見つけて猛勉強し、100記事を数日で書き上げ、1日に数万円を稼いでいます。

それもありですが、自分はあくまで雑記ブログ。それでも1万円はなんとか行きます。
要は、これほどブログで稼ぐという方法が陳腐化してきているにも関わらず、適当でもどうにかなるんです。要は根気。

そのブログでの稼ぎ方は、大きく分けて2つあります。

アフィリエイトに加盟する場合(おすすめ)

手っ取り早いのは「アフィリエイト」です。記事でサービスを紹介して、読者がそのサービスに加入したらライターにお金が入る、成果報酬のセールスです。

メリットは
・報酬の金額がデカイ。当たれば月数十万円も
・参入障壁が低い。

デメリットは
・SEOに振り回される等、とにかく疲れる
・セールスの知識が必要
・興味がまったくない分野の記事を書く必要がある
・成約に至らなければ稼げない

最もオーソドックスなのがA8.netと呼ばれるサイトで、このブログでも時折、使います。
一度も報酬が発生したことはないんですが…
いつか一山、当たると信じています。

アドセンスを利用する場合(自分の方法)

created by Rinker
¥2,035 (2020/05/30 03:46:35時点 Amazon調べ-詳細)

また、「アドセンス」という方法もあります。アドセンスは記事に広告を貼り、誰かがクリックしたタイミングで報酬が発生するというもの。

メリットは
・記事が見られさえすれば報酬は自然に発生
・読者層が低くても(購買力が無くても)収益化できる
・自分の好きなこと書いてPV稼げればOK!

デメリットは
・審査がある
・そのため利用までの時間がかかる
・金額が小さい。うちのブログだとだいたい4PVで1円。

自分の場合は。

自分のブログは17年末に立ち上げ、20年に月1万円に達するという非常に低成長なものでしたが、ペースは週2回、時間は1時間ずつでした。

そう考えると、例えば週2回を3.5倍して、毎日ブログを更新するよう心がければ、達成を1年に短縮できます。2時間ずつやれば半年に短縮できます。

最後は根気です。1日2時間、毎日記事を更新するところから始めてみませんか。

具体的な内容については反響を見ながら書いていきます。
コメント、シェア、PVの数を見て判断しますので、
役に立った!もっと読ませろ!と思ったら、SNSにシェアしてください!

タビの部カテゴリの最新記事