元ドコモ店員・現、「ぶらり旅ライター」多木曽幹也の雑学ブログ

名古屋ローカルCM「近藤産興」って知ってる?【名古屋文化学概論2】

2019/05/19
 
タイ風手羽先
この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。
詳しいプロフィールはこちら

さまざまな地域に、ご当地CMは存在する。
しかし、ご当地CMがご当地CMである以上、他の地域で話のネタになることはない。
そして他県民との間で、ご当地CMの良さが語られることもないのだ。

しかし私は、それを文化的損失と考える。だからPVも広告収入も全く期待できないネタなのにもかかわらず、こうしてブログに書きつけるのだ。

名古屋のローカルCMは世代を超える

さて、名古屋の場合、ご当地CMは何年も何十年も同じ内容のものが放映されるため、世代を超えて愛される傾向にある。

名古屋はとにかく、宝石やブランドなど、高級品のCMが多い。
「名古屋清水口の美宝堂へどうぞ」というフレーズは、20代以上の愛知県民であれば、テレビで聞いたことがあるはずだ。

そしてそれと同じくらい、質屋のCMも多い。

「質ウエダ」「堀田商事」「質ショップ富田」など、
愛知県民の経済力と、要らなくなったら売るという堅実さが垣間見える。

あとは飲食系だ。

「もっとたべてみやーち、やめれーせん」の寿がきや、

「白黒抹茶、アガリコーヒーゆずさくら」の青柳総本家、

「おとうふ、みそかつ つけてみ~そ、かけてみそ」のナカモ、

「ちゅるちゅるうまうま カレーうどん ちゅるちゅるワオ!」の若鯱家、

「これがなくっちゃ、これがなくっちゃ、これがなくっちゃ」の活命茶。列挙にいとまがない。ああ、帰省したくなってきた。

しかし、こうした面々を抑えて、名古屋のローカルCM筆頭になりうるのが近藤産興だろう。

名古屋人で知らぬ者はいないが、全国的にはほぼ知られていない。
スマホでこんどうさんこう、と入力しても一発で変換することができない。
Googleですらしっかりと認識できていない、ということだろうか。

しかし、そのキャッチコピーは凄まじい。

何んでも貸します

「何んでも貸します」である。「何んでも」では「ん」が重複している気がするが、なぜか誰も突っ込まない。

そしてもっと凄まじいのは、ほんとになんでも貸すのだ。
「貸してくれないのは近藤産興の社長の奥様だけ」という都市伝説すらある。
そのCMソングは、名古屋人なら一度は聞いたことがあるはずだ。

「なんでも貸します近藤産興
ジェットも祭りもイベントも いえーい
キャンプにカラオケ、遊園地 たのしいパーティ」


https://www.youtube.com/watch?v=Pg5yRB2mzgw

テレビの画面には1980年代に撮影されたであろう、バブル感が満載の3人の女性が、不抜けたディスコのように踊っている姿が見える。まさに昭和末期、時代を感じまくりである。

令和元年を迎えた今現在では、彼女らもきっと還暦近いのだろう。

ちなみにこの三人は1950年代から80年代にかけて活躍したグループ「かしまし娘」をもじって、「貸します娘」という愛称がつけられているらしい。元ネタが古すぎて、もうなんだかさっぱりわからない。

テレビの前の愛知県民は普段なにげなくこのCMを見るのだから、
その刷り込まれ方は恐ろしいものである。

いざなにか借りなきゃ!となったとき…
たとえば会社でお花見の幹事を引き受けただとか…
学校祭でイベントを企画することになったとか…

そんなとき、愛知県民の脳裏にはふと、近藤産興の四文字が浮かぶのである。
ローカルCM、恐るべし。

成熟社会では「コミュニティに愛される」のが大切

成熟社会を生きる我々にとって、全国展開して息切れするくらいなら、
一部地域で熱烈なファンを持つほうが安定した経営ができるという、一つの事例とも見て取れる。

なんてったって、バブル期のCMを2019年現在で流しても、
誰一人疑問に思うことがないのだから。
むしろ逆に、SKEとかが出てきたらそれはそれでがっかりするのだろう。

なにはともあれ、今後の名古屋ローカル老舗企業の活躍と発展に期待したい。

なお余談だが、愛知県内の学校では、近藤という名字の人間が他人にものを貸すと、影で「近藤産興」とあだ名を付けられることがあるそうだが、これは目下調査中である。

地図で楽しむすごい愛知
都道府県研究会
洋泉社
売り上げランキング: 37,174
この記事を書いている人 - WRITER -
1995年愛知県生まれ。大学時代、先輩に騙されて入った携帯屋のバイトでスマホの魅力に取りつかれ、機種の外観だけでメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、バイトの収入の大半を旅行につぎ込む。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、謎の知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「Deji-Tabi」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。お仕事依頼はisutabiz@gmail.comへ。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

Copyright© Deji-tabi【デジ旅!】 , 2019 All Rights Reserved.