シェアする

【カフェ・風呂・散歩】夜行バスユーザー必見。朝の東京を充実させるスポット3選!

夜行バスっていいですよね。

寝ていれば勝手に東京についてしまう上に、新幹線の4分の1という低価格で移動できる。あまりにも好きすぎてその文字の並びや言葉の響きすら愛おしく思えてしまいますよね。

しかし、夜行バスには欠点が。

それは、なんのフォローもなく、東京駅前に投げ捨てるように降ろされることです。

寝起きで意識もあやふやなのに、これは一体どういうことなのか。ゆりかごから突然放り出され呆然と立ち尽くす人を、私は今まで何人も見てきました。

これから、進学・就職、春休みのレジャーや就職活動で夜行バスの出番も増えるでしょう。

そんなわけで、東京で夜行バスを降りたアトの時間つぶしおすすめスポットを伝授します。


☆鶯谷の銭湯で旅の疲れを癒やす!「ひだまり温泉 萩の湯」


http://haginoyu.jp

東京駅にバスが付いたら、山手線に乗り鶯谷へ。そこから徒歩5分で「ひだまりの泉 萩の湯」にたどり着きます。最近リニューアルされたばかりということで、非常に綺麗です。

朝は6時から、9時半まで朝風呂営業。私はココに行くために、わざわざ早めに東京につくバスを選ぶことも多いです。

店に入るとまず階段を登り、二階に受付。三階に男湯がありました。

そこには「これぞ、銭湯!」といえる空間が。ロッカー、洗面所、ドライヤー、コーヒー牛乳の自販機…すばらしい。しかもきれいです。

浴室の広さは中規模ですが、5種類くらいのお風呂の種類があり、朝に旅の疲れをゆっくりと癒すことが出来ます。

新しい建物と多様なお風呂やサウナで、高速バスの疲れを吹き飛ばそう。


☆おしゃれコメダ。コメダ珈琲店渋谷宮益坂店


https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13197967/

「渋谷に朝9時集合!」と言われると、ものすごいハッピーなのです。

なぜなら、そこに朝7時から開いてるコメダがあるから。

しかも普通のコメダと思うなかれ。愛想の悪い学生バイトや絶妙に聞き取れない日本語を話すフィリピン人店員の姿はどこにもなく、

めちゃ可愛い女性が丁寧に接客してくれる。(重要)

このお店にしかないメニューもあり、内装も豪華、Wi-Fi完備、全席禁煙。ただし価格は名古屋の1割増し。

値段だけはどうにもなりませんが、シートのほぼ全てにコンセントが設置されているため、高速バスを降りた朝の暇つぶしにちょうどよいのです。

モーニングのコーヒーをすすり、サービスのパンと卵をかじる朝は、渋谷中心部のスタバやマックで過ごすのとは格段の違いを感じられる快適さ。ぜひ渋谷駅から5分だけ坂道を登ってみてください。


☆都内で森林浴を。等々力渓谷


www.gotokyo.org/jp/tourists/topics_event/topics/130422/topics.html

東急大井町線、等々力駅すぐ。スグ近くに二子玉川など大規模な住宅地があるにもかかわらず、

ここには「渓谷」があります。

しかも、「駅近」。

等々力駅降りてすぐに、ミニミニ渓谷が姿をあらわすってわけです。静かな景色と冷たい空気で目がはっきり覚めるので、特に健康志向の方におすすめします。

るるぶ東京観光'18 (国内シリーズ)
ジェイティビィパブリッシング (2017-06-08)
売り上げランキング: 192,839
東京ふつうの喫茶店
東京ふつうの喫茶店

posted with amazlet at 18.01.07
泉 麻人
平凡社
売り上げランキング: 424,016
山内淳史 Atsushi Yamauchi

山内淳史 Atsushi Yamauchi

1995年愛知県生まれ。大学時代に先輩に騙されて入った携帯屋のアルバイトでスマートフォンの魅力を知る。 機種の外観だけでスマホのメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、アルバイトの収入の大半を旅行につぎ込むようになる。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、その謎知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は8年。現在のブログは3代目。 「手のかかるロビンソンだなぁ」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。 「KOKACARE」(http://healthcare.halfmoon.jp/blog/) 「EDIT知多半島」(http://chitahantou.net/)など。

プロフィールを表示 →

フォローする