静岡県・富士市の保育園が世界一に! オランダのワールドアーキテクチャフェスティバル(WAF)にて

シェアする

こんにちは!手のかかるロビンソンだなぁ。です。
普段は名古屋ネタかスマホネタばかりですが、なぜか静岡県にも友人や仕事の取引先の方が多くいらっしゃるためか、ちょくちょく静岡情報が入ってきます。

そして今日の静岡情報。なんと、普段はおとなしい富士市が世界一の快挙です。


富士市の企業主導型保育園「むく保育園」が、World Architecture Festivalのスクール部門で優勝しました。

このWorld Architecture Festival(略称WAF)は、各国の建築家やディベロッパー、建築メディアが集結する世界最大規模の建築イベントで、世界中の優れた建物をピックアップして表彰するもの。
むく保育園はそのなかの「スクール部門」で、今年の世界一優れた校舎であると世界の建築家から認定されたことになります。

むく保育園は有名建築家である手塚貴晴+手塚由比の操業する、手塚建築研究所によって建てられました。園舎それぞれが独立した形でありながらひさしでつながっており、雨に濡れずに移動することができます。

今年開園したばかりの保育園ですが、0歳の定員はすでにいっぱい。園舎の独自性だけではなく、食事にも気をくばるなど、地域の子どもを思いやる保育内容が気になる子育てママも多いのでは。

待機児童や、保育士の待遇の悪さなど、悪い情報が錯綜する日本の保育園ですが、このように世界に誇る保育園が生まれたということは素直に嬉しいニュースですね。

手塚貴晴+手塚由比 建築カタログ
手塚 貴晴 手塚 由比
TOTO出版
売り上げランキング: 110,413
山内淳史 Atsushi Yamauchi

山内淳史 Atsushi Yamauchi

1995年愛知県生まれ。大学時代に先輩に騙されて入った携帯屋のアルバイトでスマートフォンの魅力を知る。 機種の外観だけでスマホのメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、アルバイトの収入の大半を旅行につぎ込むようになる。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、その謎知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「手のかかるロビンソンだなぁ」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。 「KOKACARE」(http://healthcare.halfmoon.jp/blog/) 「EDIT知多半島」(http://chitahantou.net/)など。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。