【Google Keep】メモ帳をスマホに移すだけで、物忘れの9割はなくなり、人間関係は一気に改善する。他のアプリとの比較もするよ。

シェアする

Android端末を複数持っている人、スマホとパソコンを連携して使っている人、ぜひKeepを使ってみてください。

Keep、とは

Google製のメモアプリなのですが、プリインストールされていないためか、どうもまだユーザーさんが少ない気がします。

Google Keepはその名の通り、メモをキープするアプリです。みなさんは用事をうっかり忘れて迷惑をかけたり、怒られたりした経験はないでしょうか。そんなときに役立つのが「Keep」なのです。

メモがフセン状に並び、ひと目で分かるほか、画像から音声までしっかり記録してくれて、しかもリマインド機能(日時になったらメールの着信のようにスマホがなってお知らせしてくれる機能)があるため要件を忘れないで済みます。

そんなKeepちゃんですが、正直あまり有名なアプリではないんだろうなと感じるので今回、記事にしました。スマホがAndroid派なひとは必見です。

Evernote/Onenoteと比べて、ストレスフリー。

Evernoteの強みは、ノートブックの作成や、細やかなタグ分け、キャプチャした写真の文字読み取り機能など、その多機能っぷりです。プレミアムアカウントを契約することで大容量のデータをまとめて放り込めますし、ユーザーも多いので共有も容易。仕事向けのノートアプリと言えそうです。

とはいえプレミアムは月600円、年間だと割引されますが5196円。ヘビーユーザーでもないと、高く感じてしまうのではないでしょうか。しかもパソコンやスマホの性能が低いと、もっさり動作になってしまうリスクもあります。

Evernoteが「ノート」であるなら、Keepは「付箋」のようなもので、Evernoteに比べて多種多様なファイルを管理するとか共有とか、そうした機能は減ります。そのかわりに読み込み時間の少なさや、メモの見やすさが段違いに優れているのがいいところです。だから「スマホでメモ」という用途であればKeepのほうが作業効率は上がります。Keepにも検索機能はあるし、色分けしてタグのように使うこともできます。Keepの色分けにルールを作って使えば…例えば私の場合は青が仕事用、オレンジがブログ用、赤がすぐやるべき重要こと。タグよりも視覚的にわかりやすくて気に入っております。

プレミアムアカウントだの何だので金を取られることもないですし、Googleアカウントだけで登録できるのも楽なので気に入っています。
ただし、iPhoneやiPadで使う場合のみ、使いやすさはエバーノートの勝ち。iPhone用のKeep、もっさりしているんだよなあ…ブラウザでも操作できますが、それはなんか違うし。

Any.Doと比べてどうか。

Any.DoはKeep以上にシンプルに作られているため、色分けや子タスクの並び替えなどができません。
Keepが「付箋」ならば、Any.Doは「やることリスト表」であり、タスク管理に徹した作りです。そのシンプルさもあって正直、仕事においてはKeepよりもAny.doのほうが便利と感じます。

しかし、Keepでもタスク管理は容易にこなせますし、リマインダーや音声入力もできます。つまり、KeepはAny.Doと同じ機能を持ち、更にもっと多くの情報を書き込めるというわけ。
さらに、繰り返しですが、プレミアムアカウントとかで金を取られることもないですからね。Any.doはまれにプレミアムアカウントの勧誘CMが流れます。

だったらKeepにひとまとめにしよう。

大事なメモかもなので解像度だいぶ落としてます…すみません。

GoogleKeepはメモアプリとタスクアプリの間を取った、というよりも、両方を兼ね備えたアプリ、という結論です。

メモを一箇所に集約し、かつスマホでもPCでも見られるようになり、しかもリマインドしてくれて、必要があれば検索できます。

つまり「記憶する」というめんどくさい仕事をスマホに任せることができるので、頭もスッキリします。リマインド機能をちゃんと設定してさえおけば、約束事をわすれて怒られることはなくなり、むしろ「覚えててくれてありがとう!」と感謝すらされる可能性も上がります。

日頃からAndroidスマホと、タブレットと、ノートパソコン、仕事場のPCを行ったり来たりの私は、Androidでの動作が最適化されている上に、パソコンでGoogleにログインするだけで使えるKeepは欠かせないサービスだったのです。

ただ、EvernoteやOnenoteは長期的なメモやリマインド、あるいは多くの画像データや文書をしまい込むのにうってつけですし、Any.Doはシンプルさ、まとまって仕事を片付ける際のGTD(やることをぜんぶ書き出して一個ずつ片付ける、最強のやることリスト管理法)などに丁度いいのです。仕事で使っているのもAny doだし。

メモアプリというものはメモが貯まれば貯まるほどに価値を増すもの。例えば検索とか、リマインドで、いざという時に非常に有用です。自分の脳みそをスマホに運営委託するイメージです(ややこしいけど)

メインのメモやタスクはKeepでやって、補完でEvernoteとAny.Do、というのが、山内流のタスク管理の理想です。とにかくkeepちゃんは有能ですので、ぜひ使ってみてください。使い方で迷うこともないですから。

1億稼ぐ人の「超」メモ術
プレジデント社 (2017-04-14)
売り上げランキング: 15,922
山内淳史 Atsushi Yamauchi

山内淳史 Atsushi Yamauchi

1995年愛知県生まれ。大学時代に先輩に騙されて入った携帯屋のアルバイトでスマートフォンの魅力を知る。 機種の外観だけでスマホのメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、アルバイトの収入の大半を旅行につぎ込むようになる。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、その謎知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「手のかかるロビンソンだなぁ」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。 「KOKACARE」(http://healthcare.halfmoon.jp/blog/) 「EDIT知多半島」(http://chitahantou.net/)など。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。