シェアする

【流行語大賞なんだと思う?】流行総まとめ!2018年も4分の3が終わったし、今年の出来事をを振り返ろう。

こんにちは。一人暮らしを始めてからすっかり流行に疎くなったヤマウチです。テレビ見ないからね、仕方ないね。
先日、会社の先輩とおやつ休憩をこっそりしていると、先輩がうまい棒を一本渡してくれました。「やった!もぐもぐタイムだ!」とうっかり口走ってしまい、先輩と「あれ?もぐもぐタイムって今年のコトバだっけ??」と悩んだのでこの記事を書きます。記憶力低下してます。

オリンピック、今年だったよねー、そだねー。

「3月9日〜3月18日 – 大韓民国江原道平昌郡で第12回冬季パラリンピックが開催された」
今年も韓国のニュースはいろいろありましたが、平昌冬季オリンピックが今年だったことをスッカリ忘れておりました。女子カーリングと羽生くんが活躍し、その結果「そだねー」「もぐもぐタイム」が広く話題になりました。また会場近くの「モルゲッソヨ像」もわけがわからんということで話題になりました。わけが分からんだけで流行できるなんて羨ましい。

昨年末、戦争直前だったことね?北朝鮮問題が大幅進展、見た目は平和ムードに

「4月27日 – 韓国・北朝鮮の軍事境界線である板門店において、韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が史上3回目の南北首脳会談を実施し、朝鮮半島の非核化の実現を目標とした共同宣言「板門店宣言」が発表された」

年末にトランプ大統領と金正恩とでアツいマウントの取り合いが行われていましたが、今はすっかりそんなこともなかったかのような雰囲気です。ムンジェイン(あれ?変換できないぞ)大統領が橋渡し役となり、南北の友好ムードが高まりました。平成のはじめに東西ドイツが合一したように、平成最後に南北朝鮮が仲良くなっていったのは喜ばしいニュースと言えます。先日も核を廃棄する云々という取りまとめがなされましたが、さて今後はどうなっていくやら。

危険タックル、は流行語候補なのでは。

「5月9日 関東学生アメリカンフットボール連盟はこの日行った理事会で、同月6日に開催された関西学院大学ファイターズ対日本大学フェニックスの定期戦において、日本大学の選手が3度のパーソナルファウル(悪質なタックル行為)を犯し資格没収となる事態が発生した件につき、当該選手を追加処分決定まで対外試合禁止、日本大学指導者を厳重注意とし、同理事会内に本件に関する規律委員会を設置する事を決定。」

「大迫半端ないって!」いいワールドカップだった

「6月14日〜7月15日 – 2018 FIFAワールドカップロシア大会開催」

大迫半端ないってもぉー!(アイツ半端ないってほんとに)

アイツ半端ないって!(意味わからんかったな)

後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん…

そんなんできひんやん普通、そんなんできる?言っといてや、できるんやったら…

リバイバルの一種でしょうか。90年台のユーロビートをリメイクした、カモンベイベーアメリカ的な。
惜しくもベスト8を逃すも健闘した日本、応援した人も多かったのではないでしょうか。私は渋谷駅の東側が会社なのですが、西側のはずのハチ公広場からの声援が聞こえてました。次回ワールドカップが2022年カタールで開催されるのがいまから楽しみです。

奇跡が起きた、タイ洞窟救出ニュース

スプートニク様

「6月23日 – タイのタムルアン洞窟に現地のサッカー少年団が閉じ込められる事故が発生。」

世界中が固唾を飲んで見守ったニュースでした。タイのタルムアン洞窟に、サッカー少年12人とコーチが閉じ込められ、貯まった雨水で脱出できなくなる事故が起きました。9日間食料も明かりもない空間で暗闇や空腹や死の恐怖と戦いながらも、ダイバーによって発見され、大掛かりかつリスキーな救助活動を経て全員が救助されました。

オウム真理教の麻原彰晃と幹部、死刑執行。


7月6日 – 日本で一連のオウム真理教事件に関わった7人(元教祖麻原彰晃、元教団幹部の早川紀代秀、新実智光、井上嘉浩、遠藤誠一、中川智正、土谷正実死刑囚)に対する死刑執行
私にとってサリン事件などは生まれる前のニュースだったので、「悪人が死んだんだなあ」というドライな感想を持ちました。

バーチャルゆーちゅーばー??

バーチャルユーチューバー、通称「Vtuber」が昨年末から一気に流行をはじめました。流行語にはなるのかなあ…少なくともトレンドにはなりそうです。

地震雷火事親父、いっぱいだった平成最後の夏。

9月6日 – 日本の北海道胆振地方中東部でMj 6.7の地震。北海道厚真町で震度7を観測し、死者・行方不明者40人以上、負傷者600人以上、道内全域の約295万戸で停電が発生した

大阪の地震・台風や岡山の豪雨もかなりの被害があり、東京では毎週のようにゲリラ豪雨があり、落ち着かない夏でした。被害に遭われた方々の日常が1日も早く戻るようお祈りしています。コンビニとかヤフーで募金します。

星野監督も歌丸師匠も西城秀樹も麻原彰晃もホーキング博士もご逝去、TOKIO山口さん安室奈美恵さん小室哲哉さんご引退…いろいろ昭和と平成が消えた。

昭和から平成にかけて輝いていた人々が、仕方のないことですがこの世を去りました。また引退する芸能人も相次ぎました。

まとめ。なんだかんだ「平成最後」が流行語な気がする。

さて、いつもの記事からは考えられいくらい、薄い内容の記事になってしまいました。事実の羅列しかしてこなかったから仕方ないですが。
今年の流行語というものは適当なもので、「確かに何度か聞いたかもなあ」というコトバでも平然と流行語になります。
とはいえ、ここまでで挙げた
・モルゲッソヨ
・もぐもぐタイム
・そだねー
・危険タックル
・大迫半端ないって
・タイ洞窟少年
・バーチャルユーチューバー

ここから流行語が出るか?と聞かれると、いやそうでもないんじゃないかな?と思ってしまいます。
なぜなら今年が「平成最後」だから。平成生まれにとってはこれから未知のゾーンに突入していくんだといういうワクワク感。そしてビジネスマンにとってはウリ文句。セール最終日、みたいな感覚でしょうか。みんなして「平成最後!!」といってます。平成最後の夏、というのもなかなか叙情的というか、しんみり感があるなあと感じている今日このごろ、今年の流行語は「平成最後」という身も蓋もないことばに落ち着くのではないかと期待している自分がいます。

参考文献
https://www.wikiwand.com/ja/2018%E5%B9%B4
https://www.jijiphoto.jp/ext/news/year/2018/index.html

山内淳史 Atsushi Yamauchi

山内淳史 Atsushi Yamauchi

1995年愛知県生まれ。大学時代に先輩に騙されて入った携帯屋のアルバイトでスマートフォンの魅力を知る。 機種の外観だけでスマホのメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、アルバイトの収入の大半を旅行につぎ込むようになる。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、その謎知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は8年。現在のブログは3代目。 「手のかかるロビンソンだなぁ」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。 「KOKACARE」(http://healthcare.halfmoon.jp/blog/) 「EDIT知多半島」(http://chitahantou.net/)など。

プロフィールを表示 →

フォローする