シェアする

いまさら「Surface laptop」を買うべき3つの理由。【レビュー】

かっちゃたーーー!

「旅行」や「自動車学校」という無形商品をのぞけば、今までの人生22年間で一番高い買い物でした。浅い人生だなあ、なんて聞こえて来そうですが、そんなの無視して書いていきます、マイクロソフトの「Surface laptop」レビューです。

☆使用感レビュー

キーボードがふさふさした「アルカンターラ」という素材なんだよ、とか、最初はウィンドウズ10S という特殊なOSがプリインストールされてるんだよ、といった見かけだけのレビューはもう何百人ものブロガーやウェブライターさんが記事にしていると思います。自分はおそらく国内最後のSurface laptopのレビュアーになると思うので、その観点から書けることを書きます。

☆新型が出る時期に、なぜ買った?

実はこのパソコンを買った時点で新型機の登場はほぼ確実視されていました。3週間後の10月3日にはマイクロソフトがプレスイベントを行うんだという記事が自分のところにも来ています。おそらくそこでサーフェスのアップグレードモデルが発表されるのでしょう。しかしそれでも買いました。なぜか。

1 安くなっているから

実は9月30日までSurfaceのキャッシュバックキャンペーンが行われています。(https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/surface-cashback/
これと家電量販店のポイントで、実質3万円引き。(ビックカメラのキャンペーン)実質価格が10万円でCore i5、ストレージ128GBでMicrosoft Office付きとくれば、かなりお得と言えそうです。
ちなみに、実はいままでも学生さんにむけて優待キャンペーンをやっていたのですが、これとの併用はできないとのこと。ケチ。

2 マイクロソフトが新型発表からすぐに発売する訳がないから

パソコン通を自称する気はありませんが、初代Surfaceが発表された頃からすでにガジェヲタだった私。マイクロソフトのやり方は分かってます。どうせ発表しても1ヶ月はなんも売らないし、発売しても一部モデルだけだし、そのあと半年くらいかけてラインナップをじわじわ増やしていくに決まっています。

それを待ちわびるがあまり、マイクロソフトに生殺しにされるくらいであれば、割引キャンペーンをやっているうちに在庫整理品をスパーンと買ってしまうのが得策だと思うのです。

3 2018年9月現在でもぜんぜんWin10 Proにアップデートできるから

「Windows10s」。これは簡単に言えば、セキュリティのためにかなり自由度に制限をかけたWindowsのOSであり、学校とかで使わせるならまだしも個人で使うにはかなり厳しいOSなのです。Surface laptopはこれが初期に入っているOSであり、2017年までは無料で普通のWindowsにできますよ、という触れ込みでした。

「それじゃ、2018年のいまに買ったら、アップデート代がかかるんじゃなかろうか…」そんな理由で足踏みをしていました。しかしなんと、未だに無料で普通のWindowsにできたのです。

川崎のららぽーとにいた家電量販店のお兄ちゃんが教えてくれました。

「SurfaceのWindowsはWindows10sというのですがこれはどちらかというと教育機関とか企業に向けたOSでしてかなりセキュリティレベルが堅牢なのが特徴なんですウイルス対策ソフトなども入れずに使えますしセキュリティが堅牢なので本体も若干動作が早いんですね実際にスタートメニューのアプリストアにWindowsと入力いただくと簡単にその画面に飛ばせますしでも注意してほしいのが一度あっぷぐれ」

要はまだ無料でアップデートできるんです。安心して買えます。

☆実際に使ってみて…???

今まで使っていたPCはなんとACERの「Aspire Switch10」という、【メモリ2GB】【記憶容量64GB】【CPU:Atom】という最低限構成のパソコンでした。これで某大手航空会社の学生イベントのプレゼンも、某大手広告代理店の入社試験も、大学のレポートやパワポそして卒業論文、挙句の果てには卒業パーティの思い出ムービーまで、さんざん使い倒して来ました。(ちなみに広告代理店の入社試験は私のPCが途中で電池切れを起こして選考落ちしました。)それでも2014年末から4年間もこのパソコンはポンコツながら頑張ってくれました。なんとソチわオリンピックからピョンチャンオリンピックまでの時代を共に過ごして来たんです。

そのあとにこのスペックのPCと出会うと、なんか全く別のものを扱っているような気さえします。まるで昨日まで原付き乗りだった人がミライースもハスラーもデイズも通り越して、フェラーリとは行かずとも、外車のSUVでも乗っちゃうような感覚です。あるいははま寿司・くら寿司・スシローのヘビロテだった人が、銀座の寿司とまでは行かなくとも徳兵衛に行って感動するようなものなのでしょうか…

なので、比較レビューはできません。感動したのは「外でも使えるデザイン」「電池の持ち」「縦にも広い大型な3:2比のディスプレイ」「いい音」「キーボードのうち心地」…ああキリがない…顔認証ができる「Windows Hello」も動作が機敏でいいね。

以上、購入資金はあるはずなのに、なにか困ったときのためにとわざわざ24回ローン(無金利)を組んで買ってしまった、サーフェスのレビューでした。

DAG-00109 コバルトブルー Surface Laptop
マイクロソフト
売り上げランキング: 16,881