「NURO光」実際にアパートに導入してみた。回線は良いが、対応が悪い。

シェアする

いいとこ…速い、悪いとこ…工事が長い。

こんにちは!
手のかかるロビンソンだなぁの山内です。

一人暮らしも、早いことに4ヶ月経ってしまいました。今日は4ヶ月経った我が家に、

あの!有名な!

wi-fi様がやってきた話を!しようと思います!!!

超高速の光回線NURO光新規申込みはこちら!

これが結構大変でめんどく時間もかかったけど、やっぱり契約してすごく良かったと感じたので、記事にしようと思います。


プロローグ1。家電量販店で大失敗。


みなさんは光回線を契約しようとするとき、どこに足を運びますでしょうか。

私は家電量販店に行きます。引っ越す前に、名古屋駅前のビックカメラに寄る機会があったので話を聞いてみました。

「回線契約したいんです」

と店員さんにいうと、店員さんはウキウキした表情でカウンターに連れてってくれました。

「住所を記入してください」というので、自分が「神奈川県~」と書き始めると、店員さん、表情が一気に曇ります。

住所を書いた紙を店員さんに渡すと、「確認してきます」とカウンターの裏の方へ行きまして、すぐ戻ってきました。

「静岡よりも東はここでは手続きできないんですよ」

と、曇った顔の店員は言うので、じゃあしょうがないなと席を立とうとすると、店員が

「そんなあなたに!!SoftBank Air!!!」と言い出したので、私はビックカメラが大嫌いになりました。

※SoftBank Air…固定回線とモバイルルーターの悪いところどりをした置型Wi-Fiルーター


プロローグ2。BIGLOBEにしようとして大失敗


最初は、自分が「ドコモ光」の販売に携わるなど、フレッツに関わっていたこともあったので、フレッツ光をやるつもりでした。

価格ドットコムで見積もると、まあビッグローブが安いこと。これにきめた!と、1月初旬に問合わせのメールを送ったのでございます。

しかし、ある日とつぜん形態に電話がかかってきて、電話口のお姉ちゃんが心配そうな声で言ったのは、

「新築のアパートなので場所がわかんないんです」とのこと。

どうやら自分のアパート名がまだNTTに行き渡っていないようです。

とはいえ自分も引っ越す前、内見で一度行っただけの場所なんてわかるはずもなく、

「たぶんこれでは…?」いや、となりの緑の屋根のところかも」と、電話越しのお姉ちゃんとグーグルアースを見ながら悪戦苦闘。

結局不動産屋にメールして、なんとか場所が判明したので連絡をすると、

「ではセンターに住所を登録するので10日ほどお待ち下さい」

とのこと。おいおい、また待たせるのか。

そして2週間ほど経って、また電話が来るとその次に電話の人が言ったのは、

どうやら自分の暮らす予定のアパートはフレッツの集合住宅のプランでは使えないんだそう。

ガーン。

集合住宅のプランはだいたい4000円ほど。しかし、ここで集合住宅プランが使えないからと戸建てのプランを選ぶと。毎月6000円近いお金がかかる。

さすがにそれは嫌なので、なるべく安くひける回線を探し、

大学のゼミのみんなと卒業旅行をしている間にも、

バレンタインセールでゴディバのチョコを売るバイトをしている片手間にも、

家に引く固定回線はどれが一番いいかひたすら悩むという大変もったいない日々を過ごしていました。

そして行き着いた先がNUROだったのです。前置きの長さよ。


なぜNURO光なのか。


そんな苦労もあったので、ちゃんとアパート契約で使えるNURO光を契約しようと決めたのは、すぐでした。

決めたきっかけは、「スピード(回線速度)」と「キャッシュバック特典。」

もちろん理論値ですが2Gbpsというスピードは魅力的で、料金も4000円ほどで使えて、さらに23000円もくれるなら引いてやろうじゃないかと思うわけです。

申し込みをしてからオペレーターの人と調整をして工事日の日程を決める手はずでした。そこで、工事が2回にわかれるという説明を受けました。

そして割とすぐに、1回目の工事の日程が決まりました。

1回目の工事は、申し込みをした月と同じ2月に来たので、これは案外すぐにwi-fiが家にやって来るのではないか、と期待したものです。

しかし、2回目までが長かった。


契約だけさせて、開通させない業者と、NTT。


待てども待てども、NTTから二回目の工事の電話が来ません。

すでに1回目の工事が終わってしまったので工事をキャンセルするわけにもいかず(ちゃんと解約金が取られる)、

ネットに繋がっていないwi-fiルーターが、寂しく緑色のランプを光らせていました。

契約した会社に電話をすると、「うちは代理店なのでわかりません」

NUROのサポートに電話をすると、「全部NTTが工事日を決めるのでどうしようもない」

と、なんとも気の抜けた対応。

そして、雪が溶けて、川になって流れてゆき、つくしの子が恥ずかしげに顔を出し、もうすぐ春ですねなんて言っていたのもつかの間、

さくら、さくら、今咲き誇る、刹那に散りゆく定めと知って…なんて言っていたのもつかの間、

よおおおおおおおやく、2回目の電話が来たのは、4月半ばでした。

自分の堪忍袋の緒が切れる直前に電話が来て、ホントに良かったなー…と思うわけねーだろ!!!!どんだけ待たせるんだよ!!!!!

そんな大変な時間を過ごし、2ヶ月間も待った工事はすーぐに終わり、家にようやくネットが来たわけでございます。


開通してから、幸せ。


ずさんな工事日調整や、キャンセルさせない工事の進め方、消費者庁に怒られろ!!と心の底から思うわけですが、

実際問題、ネット回線自体の満足度は高いです。

唯一不満なのは、二年契約のくせに工事費を30ヶ月払でしか払えないこと。

あとはまあよく、都会の割にデータのアップロードダウンロードは非常に快適で、

今書いているブログであったり、iPadでYouTubeの動画を見たりするのに一切困りません。

さらに毎月の料金は4000円ちょっと、無制限に使える回線のクオリティを考えれば非常にお値打ちだったと思います。

今となってはNUROを契約していてよかったと思うのですが、

もうちょっと契約者の対応を頑張ってくれたらなと思いました。

契約を取るだけ取って、顧客になったらあとはだんまりの、代理店営業の弊害だね。

ただ、この記事を書いている時期(6月)は繁忙期ではないはずなので、

スマホのパケット通信に限界を感じていて、安くWi-Fiを引きたいという場合は、

モバイルルーターよりも、ましてやSoftBank Airよりも、固定回線の方が良いと思います。

超高速の光回線NURO光新規申込みはこちら!


私が固定回線をおすすめする理由


せっかくなのでルーターと固定回線どっちがいいかの話をしようと思います。

モバイルルーターは持ち運べるので外出先でもwi-fi通信ができます。

さらに容量無制限と詠う会社も多いので、パット見、固定回線なんかいらないんじゃないかと思うことは多いと思います。

しかしモバイルルーターはあんまり早くない上に、「容量無制限」を歌う会社であっても、1日の通信量の上限が決められていたり3日で10GBまでしか通信できなかったりと、

本来の意味での容量無制限はモバイルルーターではできないと思っておいてください。

一方の固定回線であれば、家のゲーム機であったりタブレットであったりスマートフォンであったりを、

どれほど通信をしても速度制限がかかることはないので、
・プレステ4などゲーム機を持っている
・iPad やスマホ二台持ちしている
・インターネット関連の趣味がある(YouTubeやブログなど)
という人であれば、固定回線を引くことをオススメしたいです。

また、スマホ一台で充分という人は、ルーターを契約するよりも、スマホで20ギガ30ギガを使えるようなプランを検討した方が賢い気がします。

ちなみに僕が人生で一番暇だった大学2年生の夏は、一日中映画を見て、通信料の合計がwi-fiだけで月間40GBでした。

暇な人は固定回線。これ常識。

山内淳史 Atsushi Yamauchi

山内淳史 Atsushi Yamauchi

1995年愛知県生まれ。大学時代に先輩に騙されて入った携帯屋のアルバイトでスマートフォンの魅力を知る。 機種の外観だけでスマホのメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、アルバイトの収入の大半を旅行につぎ込むようになる。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、その謎知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「手のかかるロビンソンだなぁ」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。 「KOKACARE」(http://healthcare.halfmoon.jp/blog/) 「EDIT知多半島」(http://chitahantou.net/)など。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。