鉄道トリビア@名古屋。最もしょぼい名古屋の隣駅選手権を開催!名古屋の次の駅のうち、もっとも寂しい駅は?【JR編】

シェアする

こんにちは!

手のかかるロビンソンだなぁの山内です。

今日はですね、名古屋のネタについて書こう思うんですけれども。

皆さん名古屋駅って使いますでしょうか?

使いますか。そうですか。

もう一度聞きます。「名古屋駅」を使いますか?

名古屋駅のことを名古屋駅と呼ぶなら、それはエア名古屋駅ユーザーと言わざるを得ません。

名古屋の人は名古屋駅のことを名古屋駅だなんて言わず、名駅(めいえき)って言うんです

やーい、だまされてやんのー…

ちょっと仕事しすぎて心が荒んでいるみたいです、気にしないでください。

さて、名駅の隣の駅についてさっそく、考えてみたいと思います。


名古屋駅にはどんな鉄道線が乗り入れるか。


なぜかは知りませんが、名古屋駅の隣というのはどうも寂しい駅が多いのです。

まず、名駅に乗り入れてる路線を考えましょう。

まずJR東海の東海道新幹線、東海道本線、関西本線、中央本線。

名古屋鉄道の名鉄線(正式は名古屋本線。しかしそう呼ぶ人を見たことがない)

近畿日本鉄道の名古屋線。

地下鉄東山線と桜通線。

あおなみ線。正式は名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線、なのですが、これも知らんでも全然オッケー。関係者でもないのに知ってるほうがキモい。

これが現在名古屋駅に行ってる電車でございます。

それぞれ隣の駅を考えていきましょう。今回は前編としてJRを取り上げます。


三河安城


まず新幹線です。新幹線の東京方面名古屋の次は、あまり知られていませんが「三河安城駅」です。

こだましか止まりません。

さらに言えば、乗り換えできるJR東海道本線も、快速が通過します。

普通しか止まりません。

新幹線の駅なんだから快速ぐらい止めろよー!

これは想像ですが、かつて新幹線を作っている途中で、

「東海道本線と新幹線でちょうど線路がクロスしとるがや」

「じゃあもったいにゃあから駅作っておきゃーすか」

そんな感じで作られたのではないかと。

実際、東京駅からのぞみで名古屋駅まで行き、そこからUターンしたほうが早く着くことが多いそうです。

Wikipediaいわく。


岐阜羽島


大阪方面名古屋の次は、これもまた影が薄いのですが「岐阜羽島駅」です。

こっちは稀にひかりがとまります。かろうじて。

名鉄羽島線が乗り入れています。かろうじて。

名鉄羽島線は、笠松や名鉄岐阜まで行きますので、岐阜県民は便利に岐阜羽島を使っているのかと思いきや、

実は岐阜から岐阜羽島に出るのと、おなじく岐阜から名古屋に出るのとでは、

名古屋に出る方が短いです。

なのでこだまばかり止まる岐阜羽島にわざわざ時間をかけていく岐阜県民は限定的。

なぜあそこに駅を作ろうと思ったのか。

どちらかと言うと関ヶ原で大雪が降った時とかに役に立つ駅、みたいなのはどこかで聞いた記憶があります。


尾頭橋


さて次は、JR東海道本線。

東京方面、名古屋の次は、尾頭橋駅になります。

普通しか止まらないですし、カーブのど真ん中にあるので、

非常に乗りにくいです。

しかし、休日は賑わいます。

なぜなら近くに「JRA」があるから。競馬の日は快速が一部停車します。

競馬が開催される日は、ウマが好きなオジサンがたむろする場所なのです。


枇杷島


尾頭橋の反対方面、大阪よりの名古屋駅の次は「枇杷島駅」です。

こちらも普通しか止まりませんが、東海交通事業の城北線が分岐します。

ちなみに名古屋の皆さん、「東海交通事業城北線」って聞いたことあります…?

名古屋人が素で知らないのが城北線です。スマホで東海交通、と入力しても予測変換に出てこないのが東海交通事業の城北線です。

これは枇杷島ー勝川を結び、名古屋近郊を走るのにも関わらず、

なんとたったの1両編成で運行してる超ローカル線だったりします。

途中駅の小田井が「モゾ」と呼ばれる巨大なイオンにつながっていますので、

名古屋駅に直通してくれればせめてもの利用価値はあると思うのです。

しかし、普通しか止まらない枇杷島から出るので、

モゾに行く人の需要はすべて、小田井よりちょっと遠くにある名鉄上小田井駅が持って行ってしまいます。

なんて悲しい路線なのだろう。

…話がそれました。

枇杷島にもいいところがあって、 駅前にお菓子の工場(確か明治)があります。

なのでいつ降りても大変良い匂いがします。 ものすごい甘い香り。

他に取り立てて書くことはありません。


八田


次に、関西線です。

関西本線は名古屋が起点なので、名古屋駅の次は一つしかありません。

何だったっけ、たしか八田駅です。

あやふやなのには理由があります。

それは、この八田駅が枇杷島以上に特に言うことのないごくごく普通の駅だからです。

普通の駅だから、普通しか止まりません。

地下鉄や近鉄に乗り換えができるのですが、どの路線もどのみち名古屋駅に行く路線なので、八田で降りて他の路線に乗り換える人は限定的なのではないでしょうか。

むしろ本数や、名古屋を抜けて繁華街の栄などに出られることから、地下鉄のほうが利用客は多いと思われます。

なお、このエリアはすぐに名古屋に出られる割に家賃が安いので、

名古屋で働く一人暮らしの人が多く住んでいます。


金山駅


次に中央線。中央本線の名古屋駅の次は金山駅です。

ここは、いままで取り上げた駅がすべて霞んで見えるくらい、栄えている駅です。

金山は中京エリアの人であれば聞いたことのある駅ではないでしょうか。

大変都会です

なんと、駅の北と南に一個ずつスタバがありますすごいでしょ!?

ほかにも美術館からアヤシイお店まで繁盛しており、金山は交通の要衝として大変な賑わいです。

名古屋エリアというものは、名駅、金山駅、そして中心地の栄駅の三駅がバミューダトライアングルならぬ名古屋トライアングルのような形になっており、

名古屋のめぼしい遊び場はこのトライアングルの中に密集していると言っても過言ではありません。

このトライアングルの中で 大体のデートが完結します。


考察


名古屋駅の隣というのはどうも寂しいわけですが、

これはワケがちゃんとあります。

江戸時代まで、時代をさかのぼります。

このとき名古屋の中心は名古屋城で、いまの名古屋駅や金山あたりは名古屋の辺獄といってもいい土地でした。

そして明治になっていざ電車を通すことになると、城周辺の住民は鉄道とかいうわけわからんものに街を壊されることに大反対。

しかたなく、街のハズレに名古屋駅を作りました。

このため、名古屋の駅裏は歴史が浅く、八田はおろか尾頭橋も需要の少ない土地だったのです。

その後も名古屋は城下を中心に発展し、戦後の復興も城下中心に開発がなされました。

一方の名古屋駅の周辺はあまり発展せず、本格的な発展は昭和後期。

2000年にようやくいまの名古屋駅、「ツインタワー」開業。

そしてようやく2000年代になり、かつての貨物ヤードを活用した「ポケパーク」(なつかしい!)跡地が再開発され、

2010年代に、名古屋駅周辺に高層ビルが立ち並ぶようになって、

ようやくいまの名駅周辺があります。

なので、名駅はその周辺だけやたらと発展し、そのほかは異様に寂しいのです。

さて、いかがでしたでしょうか。

結論を言えば、

名古屋ってまだまだ田舎なんだなあ。

また機会があれば、私鉄も書きます。

名古屋ルール
名古屋ルール

posted with amazlet at 18.06.09
都会生活研究プロジェクト名古屋チーム
KADOKAWA/中経出版 (2007-11-17)
売り上げランキング: 374,198
つボイノリオ ゴールデン☆ベスト
つボイノリオ
ポニーキャニオン (2011-08-17)
売り上げランキング: 28,622
山内淳史 Atsushi Yamauchi

山内淳史 Atsushi Yamauchi

1995年愛知県生まれ。大学時代に先輩に騙されて入った携帯屋のアルバイトでスマートフォンの魅力を知る。 機種の外観だけでスマホのメーカーと型番がわかるようになった頃、旅行にハマり、アルバイトの収入の大半を旅行につぎ込むようになる。おかげで日本中の人と地元トークができるようになり、その謎知識から現在の職場では営業先の地方にいるお客様を不必要にビビらせている。 ブログ歴は2009年から書いており10年目。現在のブログは3代目。 「手のかかるロビンソンだなぁ」(isuta1205.com)のほかに寄稿多数。 「KOKACARE」(http://healthcare.halfmoon.jp/blog/) 「EDIT知多半島」(http://chitahantou.net/)など。

パーソナルリンク

認証済みサービス

プロフィールを表示 →

フォローする

コメント

  1. […] 前回に続き、「最もしょぼい名古屋の隣駅選手権」いってみましょう。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。