シェアする

テレビを観るには何が必要ですか??を、考えてみた。そしてなぜドコモ光に「テレビオプション」があるのかも一緒に考えてみた。

こんにちは!「新生活」を神奈川県で迎えました、山内です。一年前、就職活動をしていたときは考えられなかったけどね…

今回は、テレビの話題です。

引っ越しシーズンまっさかりですね。いろんな引っ越しトラックが道を走り、いろんな若者が駅の中を大きなカバンを引っ張りながら歩く季節です。
みなさんおつかれさまです。

ところでみなさん、引っ越しするとき「テレビ」ってどうしました?

私は買いませんでした。だって高いし。場所とるし。NHKうざいし。

しかし実家からPS4を持って来るにあたり、テレビを購入。自宅に届きました。

2万円のテレビを楽天で購入。24型にしたらちょっと小さかった。

そのときに気になったのが、「どうやったらテレビって見られるの?」ということ。
せっかくの機会なので、調べてみました。


引っ越し先で、地デジを見るなら


まず確認することは、家は戸建か、集合かということです。

集合住宅の場合はたいてい、家にテレビを見るための設備が備わっているようです。
なので、アパートなどで地デジさえ見えりゃいいや、というスタンスであれば、テレビを買って、テレビのコンセントを電源に刺し、テレビアンテナケーブルをプラグのとなりにある穴にブスリと差し込めば大概見られます。
見られない場合は、あなたのアパート、相当古い。

戸建の場合は「工事」が必要になります。家電量販店などで「家のテレビのアンテナ工事をしてほしい」と頼めばおっけい。料金は7万円ほどらしいのですが、自分でアンテナを買って、設置工事だけ業者に頼めばその半額くらいで済みます。


もっとチャンネルを見たい場合は


しかし、テレビっ子にとっては、上記の方法だけではちょいと不足です。
大きなデメリットは二つ。
・チャンネル数が限られている。地デジは見られるがほかはケースバイケース。
テレビ視聴が天候に左右される。アンテナに雪が積もると受信しない。台風でアンテナが壊れるとまた多額の出費。

こうなってくると、
・光回線の利用
・ケーブルテレビの利用
ここらへんも、検討リストに入ります。

そして今回はそのうち、「光回線の利用」をより深く書いて行こうと思います。なぜかって?それはわたしがドコモの人間だったからデス。


なぜ「光回線」がよいのか。ドコモ販売員だったので、ドコモ光・テレビオプションを例に


ドコモの公式ホームページで、ドコモ光テレビオプションは以下のように紹介されています。

ドコモ光でテレビが見られるサービスです。
ドコモ光の料金に月額660円をプラスするだけで、
地デジ・無料のBSをアンテナ要らずで楽しめます。
オプション契約をすれば有料のBSとスカパー!が見られます。

以上のことから、アンテナがいらずにテレビが見られますよーというのがざっくりとした紹介。

では光回線でテレビを見るメリットは、どういったものがあるのか。

それは、

①インターネット回線と併用できる
②天候の影響を受けず高画質
③アンテナがいらない

この3つです。

特に大きいのが②の天候の影響を受けないということ。ネットのサイトなどでは「嵐が起きても画像が乱れない!」と宣伝されることが多いです。

とはいえ、私の実家がアンテナだったので一言言わせてもらうと、

嵐ごときでテレビの画像なんて乱れねーよ!!!ということでした。

たしかに、平和な愛知にはそんな強い嵐こないしね。

しかし、たとえばこれが沖縄や九州、あるいは冬の北海道、東北、北陸なら話が違ってきます。

なぜなら、
・沖縄、九州の場合…嵐が強い、火山灰が降る
・豪雪地帯…雪が積もる

そう、嵐よりも怖いのはアンテナになにかしらが積もり、電波が受信できなくなることなのです。完全に積もるとテレビは映りません。

しかもアンテナから雪を下ろすことは、場合によっては超危険ですよね。

そこで、ドコモ光テレビオプションなどのインターネット回線とテレビをセットで使えるサービスが生まれるわけです。

出費は月660円なので、お金を払ってでも「テレビが見れなくなる」リスクを避ける価値はあると思います。

ちなみに注意点は、①フレッツ西日本エリアの集合住宅ではまだ利用できない②660円のうち210円はスカパーJSATに対する支払いなので、その分はdポイント進呈対象にならない ということ。静岡以西の集合住宅の方々はあまり真剣に検討しなくても良いのかと。

詳しく知りたい方はコメントでお尋ねいただければ回答します(^o^)