一覧

RASAのフィリピン滞在記。その1。

現地にたどり着いた時にはすっかり日が暮れ夜になっていた。予定より、2時間ほど遅れていた。 ここが、フィリピンルソン島北部、パンガシナン州リンガエンだ。

記事を読む

【2018年開“祭”】新潟インスタ映え旅。「越後妻有トリエンナーレ 大地の芸術祭」訪問記

実は新潟の「十日町」という街は非常にアーティスティックなことで有名です。3年に一度行われる「越後トリエンナーレ」というお祭りがあり、その開催に合わせて町中がアートで埋め尽くされるのです。 そして今回のようなシーズン・オフであっても、展示は常に行われているので、車でふらっと遊びに行って、「インスタ映え」を楽しむことができます。

記事を読む

【韓国】大雪の仁川空港滞在記。空港周辺はもはや廃墟だった。

仁川国際空港。 アジアのハブ空港という異名を持つとおり、その規模はかなり大きい。まずWi-Fiがとても早い。そしてものすごく空港が綺麗だ。空港内の施設も充実していて、免税店が軒を連ね、フードコートの端から端まで徒歩で5分以上かかる。 ほかにも無料の美術館、韓国文化体験コーナー、お昼寝用のラウンジ、充電スペース。至れり尽くせりである。

記事を読む

【ヨーロッパ旅行先におすすめ】スウェーデン リンシェーピン(Linköping)滞在記。2016年夏

素敵すぎる町並みで感激だ。道は「道路」というよりも「街路」と言った具合で石畳になっていたり、建物がこれぞヨーロッパ!と言う雰囲気の統一感ある可愛らしさ、そして教会の塔がちらっと見えたりする西洋感がワクワクをかき立てる。

記事を読む

【旅行】沖永良部島(おきのえらぶじま)滞在記 〜3日目〜完結編

ああ、困ったことになった。バイクの返却は島の反対側である和泊町なのだ。数キロの道を炎天下の中、歩かなければならないかもしれない。頭の中に日本史で習った、「バターン死の行進」の画像が浮かび上がった。

記事を読む

【旅行】沖永良部島(おきのえらぶじま)滞在記~2日目・午後~

田皆岬といいこのフーチャといい、 沖永良部島の自然は本当にワイルドだ。 こうしたワイルドな自然を押し出したプロモーションをすれば、 もっと観光客も増えるだろうにと思う。 しかし観光客がいないのがこの島のいいところだから、 このままでいいのかもしれない。

記事を読む

【旅行】沖永良部島(おきのえらぶじま)滞在記~2日目・午前~2017夏

どうでもいいが、この島の人は「和やか」のイントネーションでナ↓ゴ↑ヤ↑という。 標準語ではご存知のように名古屋だし、と強がってみる。ちなみにネイティヴ名古屋人は「日比谷」と同じアクセントで「なごや」という。

記事を読む

【島旅】”沖永良部島”(おきのえらぶじま)滞在記2017~1日目~

☆8月22日 トップガンのエンドロールが流れ出したところで、大イビキの男が起きた。 iPadの時計は5時10分を指している。 モノレール始発が6時だから、いくらイビキが止んだと言って今から寝...

記事を読む

鹿児島の最果て、沖永良部島滞在記~序章~

☆与論へ向かって 夜、22時45分。セントレア。 静まり返った空港に降りたつ。 出発の電光掲示板に目をやると、最終の出発便、スカイマークの那覇行きだけがポツンと光っていた。

記事を読む

最も日本で魅力に欠ける街「名古屋」を散歩する。

日本の大都市で、最も魅力のない町、名古屋。 車は暴走し、 方言は汚く、 全てにおいて濃い味、 観光名所より観光案内所のほうが多く、 地下街はまるで地下帝国で、 一度入ったら二度と出られない。...

記事を読む

ドライブデートの隠れスポット!岐阜県多治見の秘境カフェ「ももぐさカフェ」がおすすめだった!

みなさん、多治見という街はご存知ですか? え?知らない?

記事を読む

名古屋は”値打ち”を重視する【名古屋文化】

さて、名古屋の人間が名古屋メシを語るの巻。

記事を読む

野間「畑カフェ RAINBOW ART」で簡単おしゃピクしてみよう

人気の衰えるところを知らない、古民家カフェ。 いま、知多半島ではおしゃれな古民家カフェが数を増やしつつあります。 そしてその中でも特に素敵な古民家カフェが、今回ご紹介する、 「畑カフ...

記事を読む