2018年。ぶっちゃけiPhoneとAndroidはどっちがいいの。

こんにちは!元ドコモ店員の山内です。

今日は店員時代にもっとも多く寄せられた質問

「ア イ フ ォ ー ン と ア ン ド ロ イ ド は ど う ち が う の」

について、お答えします。iPhoneとアンドロイドの違いは、大きく分けて3つあります。


1 作った会社が違う



iPhoneは言わずもがな、アメリカの超一流企業「Apple」が作ったスマホです。そして、Androidは同じくアメリカの超一流企業「Google」が作ったスマホの「OS」です。

iPhoneはスマホの商品名そのものなのですが、Androidはスマホの中身を指した名称なのです。「Windows」とか「インテル」に近い。そしてそのAndroidが搭載されたスマホが、「エクスペリア」だったり「ギャラクシー」だったりするわけです。

そんなもん、しっとるわい、という方はごめんなさい。きっとこの記事を読んでる方は、次に買い換えるときにAndroidかiPhoneかどっちか悩んでいる方がほとんどだと思うので、具体的に使った感覚がどう違うか、お伝えします。


2 操作がちょっと違う



iPhoneのいいところはみんなつかっているところ。そして操作が比較的シンプルです。Androidは操作がちょっと複雑ですが、機種ごとに細かく設定ができるので、自分に合った使い方にセッティングできます。

・メカ好きならAndroid

なので、家電や電子機器の「設定」をいじるのに抵抗がない人は絶対Androidのほうが向いていますが、機械があまり得意でない人はiPhoneのほうが向いています。

(とはいえ操作を簡単にしたAndroidも存在するので一概にはいえませんが…)

・ゲーム好きならiPhone

またiPhoneは規格が統一されているので、ゲームの動作がAndroidよりもスムーズなことが多いです。これはiPhoneのアプリをベースにしてAndroid向けアプリを作る会社が多いから。

純粋な性能だけでいけば最新のiPhoneと最高スペックのAndroidでは、Andoidのほうが性能は高いのですが、

アプリやゲームの挙動はiPhoneのほうがストレスフリーです。

・音楽好きならAndroid

Androidの強みとして、大多数のスマホにSDカードが入ることが挙げられます。

写真もそうですが、嬉しいのは音楽。特にCD買う人はパソコンで取り込んでスマホで聞くこともあると思いますが、そんなときにiTunesを使わなくて済むのはAndroidの大きな強みです。

また、Androidはより多くの音楽ファイルに対応していますし、音質もXperiaやギャラクシーのほうがiPhoneよりも良いです。1万円を超えるイヤホンでは違いがだいぶ出てきます。

私個人は無料の音楽ダウンロードアプリが嫌いなこともあり、

音楽に関してはAndroidの完勝。ただ無料音楽ダウンロード系アプリの充実度はどっちかというとiPhoneのほうが優れてるので、グレーゾーンとはいえ無料アプリに抵抗ない場合はiPhoneと悩むところです。


3 性格が違う



Androidはメーカーによって個性が出ます。

カメラ機能でも、暗いところがきれいだとか、AIを搭載してるとか、レンズが3つあるとか。大きさもまちまち、デザインもまちまちです。低性能低価格なスマホも多く、格安スマホを検討するのであれば選択肢の多いAndroidは優秀です。

逆にiPhoneは統一規格。操作性はどのiPhoneもそう大差なく、なにかiPhoneでわからないことがあればまわりのiPhoneユーザーに聞けばなんとかなります。

Androidはどんなに詳しい人でも、その機種固有の性能や機能、不具合があるので、わからないことはグーグル検索したほうが楽です。

ドコモショップに来てもどうにもならないことが実際に数多くあります。もちろんできる限りにサポートはするけどね。


結論…そんなに大きく変わらない。だから両方使って、合う方を愛せばいいじゃない。



違いをこまごまと上げましたが、両方のスマホを使ってきた私の感想は「大きくは変わらない」という一言が結論です。

だから、「Flac形式の音楽を再生したい」とか「おサイフケータイでナナコが使えないと人生詰む」とか「これまでiTunesに5万円課金してしまってGoogle Playに移行できない」など、よほどの事情がなければ、AndroidでもiPhoneでも不便を感じることはないでしょう。

だからこそ、「スマホはiPhone、タブレットはAndroid」のように使い分けて、両方の使い心地を知った上でより気に入った方を使うのが良いのではないでしょうか。

シェアする

フォローする